感情の爆発を防ぐ

感情の爆発を防ぐ

日常に潜んでいるイライラ

みなさん、こんにちは、研究員の秋山です。

梅雨時期になり、雨だったり、晴れだったり、曇り空だったり、、なんだがスッキリしない日が続いていますね。

 

そんな天気に左右されるかのように、気分も浮き沈みを繰り返していませんか?

 

そういう私は、、ばっちり浮き沈みしています(。-_-。)

子どもがまだ幼いので、何度も夜泣きをしています。

まずは、トントン作戦

それでも泣き続けたら、抱っこ作戦

それでもダメなら、抱っこ紐作戦

落ち着いたら、そーっと布団に、、、

 

ギャーッー(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

はぁ、、orz、、はいはい、抱っこね、、

 

の繰り返しです。

 

やっとで、眠れたと思ったら、あっという間に目覚ましのアラームが、、(*_*)

世のお母さん達は、本当に頑張ってますよね。。私はお父さんですが。。

で、なんとか疲れた身体に鞭を打って、朝食、ゴミ捨て、、髭剃り、、

そんな時に、妻の一言で、イラっಠ_ಠ

どうでしょう?みなさまも、こんな経験ありませんか?

もしかしたら逆に、疲れた奥さまや旦那さまをイライラさせていませんか?

 

相手を理解する

何を言いたいか、というと

どんな状況でも

「相手をちょっと思いやること、心が大事だよ」

という事です。

 

うちの場合は、2人の子育てで、夫婦共に寝不足、疲労が溜まっています。当然、イライラしますよね。

ひと昔前なら、私はイライラを、すぐに妻に爆発させてました。

最近は、爆発直前に心の爆弾処理班💣が出動しています。

 

なんとか爆発しないように懸命に赤い線を切ったり、青い線を切ったりしています。

 

まだまだ、処理班は経験の浅い隊員ばかりなので、たまには大爆発することもあります(-_-;)

処理成功率は30%ぐらいですかね、、

 

まだまだ隊員の訓練は必要です。

心の爆弾処理班の出動

もし、みなさまの中で、夫婦間や職場間で爆発事故が多発している方がいたら、

 

ぜひ、【 心の爆弾処理班 】を結成してみてください。

 

🔳心の爆弾処理班💣の結成の要点

①結成場所は、あなた自身の心の中
・他の誰かではありません。
・決意した瞬間に結成されます。

②日々の訓練内容
・一呼吸して冷静になる
・相手の状況を考える
・相手の心中を察する
・口角を上げる
・言い方に気をつける
・あたたかい言葉を使う

③注意点、ポイント

・すぐには完璧に処理はできません。
・たまには、爆発した方が良い時もあります。
・爆発して後悔したら、先に謝ることで二次、三次被害を最小にすることができます。

 

 

まぁ、こんな感じでしょうか。

 

要は、縁があって出会った人たち(家族、夫婦、友達、同僚など)と、

お互いに良い気分で付き合っていくには、【思いやる心】を持つことが大事なことの一つだよ。

ということです。

 

私自身は、まだまだ訓練が必要です。

 

私の目的は、夫婦、子どもを中心とした、生活の中で関わっている人たちと、いつも笑いながらポジティブに生きていきたいだけなんです。

 

この記事が、少しでも、みなさまのお役に立てば本当に嬉しいです。

 

さあて、モヤモヤしている天気に振り回されずに、心はスッキリと今日から、

お互い頑張っていきましょう(*´∀`)♪

今からできる幸せを引き寄せる方法

blog2

みなさま、こんにちは。スマートライフ研究所の秋山です。

「最近笑っていますか?」

同じ質問を社内スタッフにすると、多くは苦笑いをして「・・・笑ってないかも」と答えます。(私も仕事と育児に追われて笑顔より疲れた顔が増えています)

みなさまの中にも「毎日、忙しくて笑ってないよ」「最近は怒ってばっかり」なんて方が多いのではないでしょうか?

もしかしたら、疲れた顔や怒ってばかりいると、知らず知らずの内に幸せが逃げているかもしれませんよ?

 

そこで、今回は自宅でも会社でもどこでも簡単に出来る幸せを引き寄せる方法をお伝えしたいと思います。

 

まずは、用意するものは自分の顔だけです。

次は自分の口角をあげてじっとするだけ…。これだけです。

「それだけ?」って思う方が大半かもしれませんが、口角をあげると自然に笑顔になっているはずです。慣れるまでは時間を決めて行う、たとえば朝起きて洗顔する時に鏡をみて口角をあげてみる。だんだん慣れてきたら、日中忙しい時に口角をあげてみる。

これだけで、あなた自身そしてまわりも少しずつ変化がでてくるはずです。

 

 これは、単に精神的な作用によるだけのものではないんです。

 私たちのカラダはとても良くできています。楽しくなくても、実際に笑わなくても、ただ口角をあげるだけで、脳へ“私は幸せだ”という信号が送られ、人間の精神面に大きな影響を与えるセロトニンという神経伝達物質が分泌され、幸せな気分になります。

 また、口角をあげて笑顔でいると、まわりの人も安心して自然に笑顔がでます。たしかに、難しい顔をしている人にはなかなか声もかけづらいし、笑顔もでませんよね。逆にいつも笑顔の人には、ついついこちらも笑顔で話しかけちゃいますよね。

 

 この言葉聞いたことありますか?

アメリカの哲学者、心理学者のウィリアム・ジェームスの「楽しいから笑うのではない、笑うから楽しいのだ」という言葉があります。簡単にいうと「笑うという動作が楽しい気持ちを膨らませる」ということで、さらには笑って過ごすことが幸せを生み出すそうです。

 

笑顔ひとつで自分も周りにも幸せを生み出す、それも楽しくなくても口角をあげるだけ。

だまされたと思って一緒に口角あげてみませんか?