シリーズ しあわせ両立術  ~ 第3回 割り切りの極意 ~

シリーズ しあわせ両立術  ~ 第3回 割り切りの極意 ~

割り切りの極意

みなさん、こんにちは、主任研究員の秋山です。

「シリーズ しあわせ両立術」では、仕事と介護の両立を上手に行うために必要なちょっとしたコツをお伝えしていきます。

第3回目の今回は「割り切りの極意」です。

「しあわせ両立術」の目的は、介護を必要としている家族、そして、介護を担う家族、お互いがそれぞれの日常生活をしあわせに送ることです。

そのためには必要な考え方、行動の一つが「割り切る」ことなんです。

 

生活の変化

家族の介護が始まると、今まで当たり前に送っていた生活のリズムにも変化がでてきます。

朝、起床してから会社に行くまでの貴重な時間帯も、今までは、自分のペースで支度や準備ができていたとしても、例えば、介護を受けているご家族の状況にもよりますが、夜中に何度も起こされて寝不足の状態で、家族の朝食や服薬の準備をしなければいけません。

ゆっくりと自分自身の準備や支度をする時間をなかなか割けなくなります。

朝に限らずに昼も夜も、休む暇がありません。

 

一日だけの出来事であれば、なんとかなりますが、この生活が続くと思うとどうでしょうか?

 

辛くなりますよね。

 

負担を減らす

介護は24時間365日続きます。

一人の人を介護するには、一人では限界がすぐにきます。

ですから、誰かに頼るということが必要になります。

 

介護によって仕事に集中できなくなったり、体調を崩してしまうことは避けなければいけません。

 

介護を受けているご家族も、その姿を望んではいないはずです。

 

何度も言いますが、介護は一人では行わないで誰かの手を借りてください。

 

出来る限りの支援の手を借りることで、介護の負担を減らすことを優先的に考えてください。

 

割り切る勇気

「親の介護は家族がするのは当たり前」という風潮がまだまだ残っている地域もありますが、今と昔は違います。

 

周りの目(近所や親戚)は気にする必要はありません。

 

親の介護をすることになっても、自分の人生を犠牲にする必要はありません。

 

自分の人生を大切にしてください。

ここで必要になってくるのが「割り切る」ということ。

 

介護は日々変化します。

 

その変化に対して、必要以上に責任を感じてしまう介護者さんがいます。

 

特に、何事も一生懸命に取り組んだり、真面目な性格の方に比較的多いのでですが、

変化、出来事に対して「自分を責める」

 

たとえば、自分が目を離した時に転んだり、状態が悪くなったりした時に

 

「自分がいれば… 何とかなったかもしれないのに… 」

 

と自分を責める方がいます。

 

気持ちはわかりますが、親とはいえ、一日中一緒にいることはできません。

 

「しょうがないか…」と、割り切る

 

どんな人でも、過去には戻ることはできません。

 

起きてしまったことは、すでに過去の事です。

 

大事なことは、次に同じようなことが起こらないようにすること。

 

そのためには、自分だけで解決しようとせずに、誰か(ケアマネージャーなど)に相談して、再発防止策を一緒に考えることが必要です。

 

そして、できる限りの準備や対策を行ったあとに、何かが起きたとしても

 

「ここまでやったんだから、しょうがないか…」

 

と一度、割り切ることが、重要です。

 

そして、まだできることがあれば対策を考える。

 

介護は、日々変化の繰り返しです。

 

変化に対して、毎回責任を感じたり、後悔するのではなく、目の前の状態をしっかり直視して対策を考えることが大切です。

 

「わかるけど、割り切れない」

 

と、思う方もいるかとは思います。

 

そこで、私が提案したいのが

 

「第2のケアマネージャー」を目指す

 

ということです。

 

ケアマネージャーとは、介護保険サービスを利用する際に必ず必要になる介護の専門職です。

現状の介護生活でのお困りごとや、どのように生活していくかなどを、サービスを利用する方やご家族から聞き出し、必要な支援サービスを提案、紹介をします。

そして、訪問ヘルパーやデイサービスなどの各サービス事業所との連絡・調整を行い、介護生活の司令塔と呼ばれることもあります。

ケアマネージャーは、サービスを利用する方の単なる御用聞きではなく、あくまで公正中立な立場であり、私情は挟まずに常に冷静に対応することが求められます。

 

介護を担うご家族が、このケアマネージャーのような立場になるということが

 

第2のケアマネージャーになる

 

ということです。

特に資格制度があるわけではありません。

あくまで、自分が決意するだけです。

 

私も、母の介護をする時、弱っていく姿をみると辛い気持ちになりますが、

 

「私は、介護の専門職として、ここにいる」

 

と意識を変えることで、楽になります。

 

介護生活の終わりはなかなかわかりません。

 

ちょっとした考え方で、楽になることができます。

 

ぜひ、お試しください。

 

詳しくは、また別のブログでお話ししたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シリーズ しあわせ両立術  ~ 第2回 家族の役割を考える ~

家族の役割を考える

みなさん、こんにちは、主任研究員の秋山です。

 

「シリーズ しあわせ両立術」では、仕事と介護の両立を上手に行うために必要なちょっとしたコツをお伝えしていきます。

 

第2回目の今回は「家族の役割を考える」です。

 

「しあわせ両立術」の目的は、介護を必要としている家族、そして、介護を担う家族、お互いがそれぞれの日常生活をしあわせに送ることです。

 

そのためには必要な考え方の一つが「家族の役割」なんです。

 

しあわせ両立術の大事なポイントは、できる限り自分で介護をしないこと。

 

日常の介護は、介護の専門職に任せて、家族は家族にしかできないことをして欲しいのです。

 

日常の介護は専門職に任せる

介護の専門職とは、代表的なものとして介護保険制度の介護サービスがあります。

 

介護が必要な方の状態や、介護をしている家族の要望を担当のケアマネージャーが確認して必要なサービスを利用することができます。

自宅に訪問して日常生活の支援を行う訪問介護サービスや、日中施設などで食事や入浴などの介護を受けながら過ごすことができるデイサービスなど様々なサービスがあります。

 

サービスを利用することで、まずは身体的な介護負担を減らすことができます。そして、専門職に任せているという安心感を得ることができます。

 

また、ケアマネージャーは、介護保険サービスだけではなく、役所や地域包括支援センターなどの公的機関とも関わりがあるので、介護生活全般の悩みや相談ごとを伝えると専門窓口につなげてくれます。

 

ちょっとした困りごとも誰にも相談せずに、ひとりで抱えていくと負担がどんどんと増えていきます。

 

介護保険サービスを利用すると多くの協力者が増えます。

 

ですので、介護のことは介護の専門職へ任せることが必要以上の負担をかけずに両立するポイントとなります。

 

「介護サービスを使えば、家族は何もしなくてもよいのか?」

 

実際には、介護保険サービスを利用する時の契約や、打ち合わせなどには家族の同席が必要なこともあります。また、介護サービスで賄えない部分は家族が介護をする必要があります。それでも、ひとりですべてを抱えるよりも負担を減らすことはできます。

 

家族にしかできないこと

では、家族の役割とは何か?

 

たとえば、みなさんが息子であれば、息子という立場で介護を受けている親に接して欲しいのです。

 

介護が必要となっても親は親です。

 

「そんなの当たり前じゃない」

 

と思いますよね。

ですが、長い間介護を続けていくと、立場が逆転することがよくあります。

 

「介護をしてやっているのに文句ばっかりだ」

「介護をしていなければ…」

 

々の介護の疲れが溜まっていくことで、気が付かないうちに精神的にも肉体的にもストレスが溜まっていきます。

 

介護のことはなかなか周りの人にも言えないという方も多いですので、最悪の結果、介護されている家族に八つ当たりをしたり、虐待になるケースもあります。

 

自分ひとりでキッチリと介護をしなければいけないと思う真面目な性格な方ほど、ストレスが溜まりやすいという傾向もあります。

 

良い加減の介護

介護生活は長期戦です。

 

常に100%の力で介護をすることが結果、介護をしている方、介護を受けている家族にストレスを溜めることがあります。

 

ですので、私がよくセミナー等で伝えるのは、

 

「介護はひとりで抱えずに、誰かの手を借りて良い加減の介護を目指してください。」

 

ここで間違えて欲しくないのは、「いい加減」ではなく「良い加減」なんです。

 

日々の介護の中心は介護サービスなどで対応して、家族は最低限の介護と、家族の役割に徹して欲しいのです。

 

自分ひとりで介護をしたいと気持ちもわかります。

 

とても素晴らしいことだと思います。

 

ですが、何度もいいますが、介護をひとりで抱えると限界がきます。

 

「しあわせ両立術」の目的は、介護を必要としている家族、そして、介護を担う家族、お互いがそれぞれ日常生活をしあわせに送ることです。

 

介護生活の役割分担を上手に行うことで、お互いがしあわせになれます。

介護に悩んだ時は、このことを思い出して見てください。

 

では、また別の記事でお会いしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

シリーズ しあわせ両立術  ~ 第1回 しあわせ両立術とは? ~

家族の画像

しあわせ両立術とは?

みなさん、こんにちは、主任研究員の秋山です。

 

「シリーズ しあわせ両立術」では、仕事と介護の両立を上手に行うために必要なちょっとしたコツをお伝えしていきます。

 

まず第1回目の今回は「しあわせ両立術とは?」です。

 

介護が必要な状態とは、加齢や病気、事故などによって、誰かの手を借りなければ日常生活を送れなくなることをいいます。

 

そして、主には仕事をしている家族が、介護を担うことになった時に両立ということが発生します。

 

両立をするといっても、色々なケースが考えられます。 介護を担う家族の人数や勤務環境や、介護を必要としている家族の身体状況、状態などによって介護にかかる手間や時間などが違ってきます。

 

お互いがしあわせに日常生活を送る

 

私が提唱している「しあわせ両立術」とは、介護を必要としている家族、そして、介護を担う家族、お互いがそれぞれ日常生活をしあわせに送ることを目的としています。

 

「働きながら介護するなんて、幸せなわけないじゃない」

 

と思われる方もいるかもしれませんが、私はちょっとした考え方や行動・知識などによって、しあわせな介護生活・両立を送れると思っています。

 

私は長年に渡り、介護の専門職として様々な介護の現場を経験してきました。 そして、家族という立場で祖母の介護、母の介護にも関わり、介護の大変さはもちろんのこと、楽しいことやしあわせになる瞬間なども経験してきました。

 

どのような介護生活を望むか?

 

同じ介護をするにしても、ちょっとしたことでイライラしながら介護をしたり、されたりすることと、お互いが笑いながら楽しく介護をしたり、されたりする・・・

 

もし、みなさんが介護を受ける立場だったら、どちらが良いでしょうか?

 

もちろん、できるのであれば楽しく介護生活を送りたいですよね。

 

そのためには、さきほど述べたように、ちょっとした考え方や行動・知識が必要になってくるのです。

 

具体的に、しあわせ両立術とは、どのような考え方や行動、知識なのか? 詳しくは次回からお伝えしていきます。

 

 

では、また別の記事でお会いしましょう。