熱中症の症状&対処法

誰もがなりうる熱中症

今年は梅雨の期間が本当に「あっ」という間でしたね。

私は梅雨のジメジメが嫌いなので良かったと思いましたが、、、

暑い・・・暑い・・・とにかく暑い。。。

夏が早く来るのも、、しんどいです。(わがままですいません)

 

今回は、この時期になると毎年のように騒がれる「熱中症」についてお話しします。

熱中症は、高齢の方や子どもに限らず、現役世代の人達もかかる危険があります。

どんな症状がでるか、もし熱中症になりかけた時の対処のポイントをまとめてみましたので、ぜひご覧ください。

 

こんな症状(状態)はキケン

① めまい、顔のほてり

  めまいや立ちくらみ、顔がほてる。

② 筋肉痛、筋肉の痙攣(けいれん)

  筋肉がピクピクしたり、手足がつる。

③ だるい、吐き気がする

  いつもより、「なんだかだるい」とか、頭痛や吐き気がする。

④ 汗のかきかたが異常

  汗が止まらずに、拭いても拭いても止まらない、もしくは全く汗をかかない。

➄ 体温が高い、皮膚が乾いている

  顔や腕などを触ると熱く、皮膚が赤く乾いている。

⑥ 声かけに反応が鈍い

  声をかけても反応が鈍かったり、返答がおかしい。

⑦ 歩行がおかしい

  体の震えや、ひきつけを起こしていたり、まっすぐ歩けない。

⑧ 水分補給ができない

  自分で上手く水分補給ができない。

 

以上のような症状や状態になったら、熱中症かもしれません。

自分ひとりしかいない時は、誰かに連絡(場合によっては救急要請)をしてください。

次は、誰かに助けを求めたり、救急要請をした後に、助けを待っている時にできる応急処置のポイントです。

できる範囲の応急処置を試みてください!

 

まずは応急処置を!

ポイント① 涼しい場所へ移動する

      クーラーが効いている室内や自動車の中に移動する。

      屋外の場合には、風通しの良い日陰に移動する。

ポイント② 衣服を脱ぎ、体を冷やす

      できる限り、衣服を脱いで(もしくは脱がせる)、体の熱を放出する。

      保冷剤や冷たいペットボトル飲料などを使い、首の両側や脇の下などの冷やす。

      皮膚に水をかけて、うちわやタオルなどで扇ぐことで体を冷やす効果もある。

ポイント③ 水分・塩分を補給

      スポーツドリンク(水分・塩分が同時に補給できる)などを補給する。

      嘔吐をしていたり、意識が無い場合には、無理やりの補給がキケンなので注意。

 

以上が応急処置の3つのポイントです。

 

状況にもよりますが、さきほどの危険な症状・状態であれば、救急要請を行い待っている間に応急処置を行ってください。

 

最後に、応急措置の「ポイント② 体を冷やす」の注意点をお伝えします。

 

どこを冷やせば良いか?

1.両側の首筋

まずは、首筋を冷やします。

首の両脇にある、頸動脈をピンポイントに冷やすことが効果的です。

 

2.脇の下

保冷剤や、冷たいペットボトル飲料などを脇に挟むことで冷やすことが可能です。

 

3.足の付け根

足の付け根(そけい部)を冷やす。寝かせた状態で冷やします。

 

この3つの箇所は、太い血管が皮膚表面近くにあり、効果的に体を冷やすことができます。

 

4.冷やしてはいけない箇所(首の後ろ・おでこ)

首の後ろや、おでこに冷却効果があるシップなどを貼る方もいるかもしれませんが、熱中症の場合には、首の後ろ・おでこは冷やしてはいけません。

首の後ろ・おでこは体温調節中枢(視床下部)があり、冷やすことで、体温が下がったと体が勘違いをしてしまします。その結果、逆に体温を上げようとしてしまうということが起こります。

できる限り、首の両側・脇の下・足の付け根を冷やしてください。

 

 

ということで、今回は熱中症についてのお話しでした。

最近の異常気象での暑さの中で、油断をしていると誰でも熱中症になる可能性があります。

早めの水分補給や、エアコンを上手に使う、屋外での活動はこまめに休憩をしながら、楽しく夏を乗り切りましょう♪

 

ちなみに、スマートフォンも熱中症になるみたいです(;・∀・)

炎天下の中で、畑作業をしている時に、車の中にスマートフォンを入れて3時間経ったら、画面に「高温注意」人間も機械も過度な暑さには弱いんですね (+o+)