えっちゃんこらむ ~ 素敵な関係 ~

ご夫婦の在り方♡

みなさん、こんにちは!

日本スマート・ライフ研究所のえっちゃんです^^

先日お見えになりました営業の方と「ご夫婦の在り方」について

お話をしました。笑

 

どことなく険しい感じの顔をなさっていましたので、

「仲良く暮らす」ことに、非常に価値があるんですよ。

とのお話を始めました。

 

自分の体験から、

「知らず知らずに自分の価値を押し付けてしまっている」

「押し付けておいて、それがやれないことに腹を立てている自分がいる」

「過去を変えられないのと同じくらいに、他人は変えられないのに、その事実に全く気付いていない自分」・・・

 

等々、比喩を使ってお話をしましたら、何と・・・

彼の顔が変わっていったのです。

 

「えーー、無駄なことをしていたんですかーー?」と彼。

「ハイ、貴方も奥様も、単に無駄な時間を、それも膨大な無駄な時間を過ごしていたと思います。」と私。。。。。

 

彼はしばし、茫然・・・ 

「では、解決をするにはどうしたらいいでしょう?」と私。

「他人は変えられない・・では、変えられるのは・・?」とお聞きすると、

「えー・・私ですかね・・・」

 

私は手を叩いて、凄い凄い!その通りです!♡と、喜びまくりました。

何故なら、本人がその気になれば「半分は解決したも同然」だからです。

そんな嬉しいことがあるでしょうか。もう大丈夫です!

 

そして色々な話の末に「ハグをして頂いていると、認知症になりませんよ」とお話をしますと

「えーーー、、、ハグなんて絶対に無理です!!」と。

 

暫くしますと「握手ならしてみます」と言い出しました。

私は「くれぐれもご無理なく・・」と笑いながら言いました。

今までしていないことをするのはハードルが高いですし、

それぞれの気持ちは、いい時も悪い時もありますから。ね。

 

彼は、話の中に出てきた「感謝脳のつくり方(1日2分21日間、その日の最も感謝すること3つを書くというもの)」も、

最初は3つも感謝することなんてない・・と言っていましたが、

何が感謝になるかをお話をしますと、俄然、「やります!」と言っています。笑

 

私はそれも「ご無理なく、ご無理なく」と言いました。

私はなぜ、そのように言うのでしょうか・・。

 

これは、子供などにも共通するやり方ですが、

あくまでも「本人がやる気になってやる」ことを大切にしたいためです。

そこに期待を掛けないよう、頑張りましょう!という言葉を飲み込んで、

言わない努力をするのです。

 

もちろん時と場合によっては変えます。笑。

 

お帰りになる時には、見違えるほど明るく穏やかな顔になっていました。

人の意識ってすごいなーと、しみじみ思いました。

 

そして今日、彼から封書が届きました。お届け戴いたようです。

 

【 まだ初日ではありますが、お話していただいた事を実践してみました。

「何っ!?」と言われましたが心掛けていきたいと思います。 】